Departmental Bulletin Paper Computerized Dynamic Assessment of L2 Reading Comprehension Ability

CARNEY, Nathaniel

Description
この論文では、学習者の能力を静的結果だけで示す標準的読解力テストに加えて、補完的な評価手段としてコンピューターによるダイナミック・アセスメントの必要性を説いている。まず最初に、ダイナミック試験と静的試験の違いを分析する。そして、L1とL2のダイナミック・アセスメントの読解力テストと、現在までのコンピューターによるダイナミック・アセスメントの読解力テストについて概要を提示する。この概要の中で特に着目したのは、今までのコンピューターによるダイナミック・アセスメントで使用されてきた指導法である。特に、効果的な試験項目と理論上の指導法の両方を含むコンピューターによるダイナミック・アセスメントの必要性を重視した。この論文では、結論として、コンピューターによるダイナミック・アセスメントに関する重要事項とその解決法を提示する。The article proposes the need for computerized dynamic assessment as a complementary assessment strategy to standardized reading comprehension tests which only offer static portrayals of learner's abilities. First, the differenses between dynamic and static tests are examined. Then, an overview of L1 and L2 dynamic reading assessments and computerized dynamic reading assessments to date is provided. Within this overview, particular attention is paid to the types of mediational prompts that have been used in computerized dynamic assessments to date. The need for computerized dynamic assessments with both valid test items and theoretically-based mediational prompts is emphasized. The paper concludes addressing concerns about computerized dynamic assessments and ways to address those concerns.
Full-Text

https://kobe-c.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5286&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1

Number of accesses :  

Other information