紀要論文 ウェルプレートを活用した酵素反応の教材開発と授業実践
Developing Teaching Materials and Educational Practice for Enzymatic Reactions with a Well Plate
ウェルプレートヲカツヨウシタコウソハンノウノキョウザイカイハツトジュギョウジッセン

宮田, 理恵  ,  中川, 徹夫

62 ( 2 )  , pp.153 - 161 , 2015-12
NII書誌ID(NCID):AN00085725
内容記述
高校生物の教科書は、酵素反応の実験として、試験管などの実験器具を多用するものを紹介している。このような実験は、複数名の生徒が共同で行うため、内容の理解度や器具の操作習得などの点において、生徒にもたらす教育的効果に差を生じると考えられる。そこで、酵素反応のうち、アミラーゼ活性と温度およびpHの関係を調べる実験教材を、12ウェルプレートを用いてマイクロスケール化し、2人1組で実験を行う授業実践を行った。本教材は、通常実験と遜色のない結果を示し、また、反復実験を容易にした。授業実践を通して、マイクロスケール実験が生徒にとって有意義であることも示された。よって、高校の生物実験において本教材は有用であると考えられる。
Enzymatic reactions are usually introduced using much laboratory glassware in high school biology textbooks, which results in a set of experimental equipment for each group with many students. These are presumed to cause a large gap among students in their comprehension of enzymatic functions and experimental techniques. Therefore, we have developed microscale teaching material to evaluate the dependence of amylase activity on temperature and pH environments with a 12-well plate that enables us to repeat experiments easily. The result of this experiment coincided with that of the ordinary one. Based on our practical lessons, we have shown that this experiment is more meaningful for students in their activities and understanding than the ordinary one. Consequently, we have confirmed that this material is useful for high school biology calsses.
本文を読む

https://kobe-c.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2564&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報