Departmental Bulletin Paper 女子大学生のキャリアプランと「自立」の関連―心理的・社会的・経済的側面を含めて―
The Relationship between Career-plan Choices and Independence of Female Undergraduate Students:Psychological, Social and Economic Independence
ジョシダイガクセイノキャリアプラント「ジリツ」ノカンレンーシンリテキ・シャカイテキ・ケイザイテキソクメンヲフクメテー

松並, 知子  ,  荻野, 佳代子  ,  Tomoko, MASTUNAMI  ,  Kayoko, OGINO

62 ( 2 )  , pp.121 - 136 , 2015-12
NCID:AN00085725
Description
本研究は、女子大学生の将来のキャリアプランと心理的・社会的・経済的な自立の関連を検討することが目的であった。365名の女子大学生を対象に彼女らのキャリアプランと自立、職業観、依存的自己愛の関連について分析した結果、結婚・出産後も就労継続を予定する人は、自立尺度の下位尺度である『社会的関心』得点と『生活身辺処理』得点が有意に高いという結果が得られた。一方、出産せずに就労継続を予定する人は、自立尺度の『協調的対人関係』得点と『親子の信頼関係』得点、および、職業観尺度の『人間関係』得点が有意に低いという傾向が見られた。さらに、自立尺度の『主体的自己』や『経済的自活』は本来、就労継続に関連する要因と考えられるが、本研究ではキャリアプランとの関連は見られなかった。以上のことから、女子大学生を対象に、自立とエンパワーメントを促すような、女性のためのキャリア教育が必要であると考えられる。
The purpose of this study was to explore the relationship between career-plan choices of female college students and their psychological, social and economic independence. This research on 365 female college students examined the relationship among their career-plan choices, independence, occupational values and pathological narcissism (dependence). As a result, students hoping to continue working after marriage and childhearing showed strong 'social interests' and 'self care activity' of the independence scale, while career-oriented students with no intention to childhearing displayed weak 'cooperative human relationships' and 'parent-child relationships of trust' of the independence scale, and also weak 'human relationships' of the occupational values scale. The result suggested career education which focuses on empowering students to establish their independence.
Full-Text

https://kobe-c.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2562&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information