Departmental Bulletin Paper 日中同時通訳における誤訳長文の特徴について
A Study on the Characteristics of Wrong Inerpretations of Long Sentences in Japanese - Chinese Simultaneous Interpreting
ニッチュウドウジツウヤクニオケルゴヤクチョウブンノトクチョウニツイテ

龐, 焱

62 ( 1 )  , pp.97 - 113 , 2015-06
NCID:AN00085725
Description
本論文では、実例のデータの統計と分析を通じて、日中同時通訳における誤訳長文の特徴を纏めてみた。日本人話者はスピーチの時に、よく長文を使うが、この長文の誤訳が同時通訳の質に大いに影響する要因であることがコーパスの中にあるデータと実例の分析を通じて分かった。その結果を踏まえて、誤訳に至る原因の改善の可能性について述べた上で、改善できる誤訳長文の特徴を纏めた。今後は、本論文で纏めた長文の特徴に応じて、同時通訳の質を改善するための対応策について、引き続き研究を展開していきたいと考えている。
Full-Text

https://kobe-c.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2545&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information