紀要論文 竹炭による池の水中の有機物と窒素の除去
Removal of Organic Matter and Nitrogen in Pond Water by Bamboo Charcoal
タケスミニヨルイケノスイチュウノユウキブツトチッソノジョキョ

張野, 宏也  ,  橋本, 優子  ,  綾部, 小百合  ,  杉原, 香奈子  ,  八束, 絵美  ,  山尾, 千晶  ,  Hiroya, Harino  ,  Yuko, Hashimoto  ,  Sayuri, Ayabe  ,  Kanako, Sugihara  ,  Emi, Yatsuzuka  ,  Chiaki, Yamao

62 ( 1 )  , pp.21 - 30 , 2015-06
NII書誌ID(NCID):AN00085725
内容記述
池の水質を管理する規制がないため、水中の有機物、窒素およびリンの濃度が増加し、アオコ等の発生率が高くなっている。本研究では、竹炭を利用して水質の改善を試みた。はじめに、実験室で、水槽中に竹炭を入れて溜め水を循環させると、有機物と窒素濃度が減少した。しかし、竹炭に含まれるリンの溶出がみとめられた。フィールド試験として、京都府にある関西文化学術研究都市記念公園内にある永谷池に竹炭40㎏をいれて、水質の変化を検討した。投入の約1か月後、有機物の濃度が減少したが、窒素やリンの濃度に変化がみとめられなかった。このように、竹炭は有機物に対して有効な浄化材であることがわかった。
The application of bamboo charcoal as a water treatment material for organic matter and inorganic nitorogen was investigated. Although the organic matter and inorganic nitorogen in water samples were removed, the phosphorous eluted from bamboo charcoal in laboratory experiment. As a field experiment, the removal of the organic matter by bamboo charcoal was researched in Nagatani pond, Kyoto Prefecture. The concentrations of organic matter were decreased and the concentrations of total nitrogen and total phosphorous were unique in this study period. It was found that bamboo charcoal was an important item for removal of organic matters in water samples.
本文を読む

https://kobe-c.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2537&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報