紀要論文 "食べる順番療法"を取り入れた継続的な個別栄養食事指導の効果
Effect of Individual Nutritional Guidance Recommending Eating “Vegetables Before Carbohydrates” on Outpatients with Type 2 Diabetes
タベル ジュンバン リョウホウ オ トリイレタ ケイゾクテキナ コベツ エイヨウ ショクジ シドウ ノ コウカ

井尻, 吉信  ,  西條, 千知  ,  浅井, かおり  ,  石田, 萌  ,  奥西, 美鶴  ,  加藤, 由紀奈  ,  齋藤, 愛優美  ,  坂井, 幸香  ,  松本, 実夏  ,  宮本, 佳名恵  ,  イジリ, ヨシノブ  ,  サイジョウ, チサト  ,  アサイ, カオリ  ,  イシダ, モエ  ,  オクニシ, ミツル  ,  カトウ, ユキナ  ,  サイトウ, アユミ  ,  サカイ, ユカ  ,  マツモト, ミカ  ,  ミヤモト, カナエ  ,  Yoshinobu, IJIRI  ,  Chisato, SAIJO

内容記述
【目的】無床診療所における 2 型糖尿病患者の治療効果を向上させるため、管理栄養士による“食べる順番療法”を取り入れた継続的な個別栄養食事指導の効果を検討すること。【方法】M 医院(大阪府、阪南市)に通院している 2 型糖尿病患者のうち、研究の趣旨に同意が得られた患者を無作為に 2 群に分け、『食事調査結果に対するコメント返却のみ実施した群(以下、対照群)』、『食事調査結果に対するコメント返却と 3 ヶ月に 1 度の個別栄養食事指導を実施した群(以下、介入群)』と設定した。研究期間は 12 ヶ月間とし、各種の身体計測、糖尿病関連の指標、血流依存性血管拡張反応(FMD)ならびに簡易型自記式食事歴法質問票(BDHQ)を用いた食事調査を行った。【結果】管理栄養士による“食べる順番療法”を取り入れた継続的な個別栄養食事指導は、体重変化率ならびにHbA1c 変化率を有意に低下させた。また、FMD 値は各群において有意に増加(血管内皮機能が改善)したが、両群間の比較では有意差は認められなかった。一方、BDHQ から得られた栄養素摂取量には差は認められなかった。【結論】本法は、無床診療所に通院している 2 型糖尿病患者の治療効果向上に有益である可能性が示唆された。
To improve the efficacy of treatment of outpatients with type 2 diabetes, we investigated the effect of ongoing individual nutritional dietary guidance from a registered dietician incorporating a recom-mendation of a specific “order for eating”(namely, eating vegetables before carbohydrate rich foods).Methods:Outpatients with type 2 diabetes visiting the M medical clinic(Hannan, Osaka Prefecture)whoobtained consent for the purpose of the study were randomly divided into two groups: those who responded to the dietary survey(the control group), and those who responded to the dietary survey and received indi- vidual nutritional guidance once every 3 months(the intervention group). The study period was 12 months,and a dietary survey was conducted using various types of physical measurements, diabetes related indi- cators, flow mediated dilatation(FMD), and the brief type self administered diet history questionnaire(BDHQ).Results: Continuous individual nutritional guidance by a registered dietician incorporating “order for eating” resulted in significantly reduced body weight and HbA1c. In addition, the FMD value increased significantly in each group, indicating improved vascular endothelial function, but no significant difference was found between the two groups. There was no difference in nutrient intake according to the BDHQ responses. Conclusions:It was suggested that this method may help improve the therapeutic effect of type 2 diabetes treatment in patients visiting an outpatient clinic.
本文を読む

https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4303&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報