Departmental Bulletin Paper 「化粧学」とは何か : その学術的意義について再考
What is “Beauty Studies”?: Reconsidering Its Scholarly Significance
ケショウガク トワ ナニカ ソノ ガクジュツテキ イギ ニツイテ サイコウ

川野, 佐江子  ,  カワノ, サエコ  ,  Saeko, KAWANO

Description
「化粧学」とは何か。本論の目的は、 大阪樟蔭女子大学にて化粧が明確にカリキュラムかされて 10 年目にあた り、 新学問領域として提唱してきた「化粧学」について、 改めてその意義を確認してみようというものである。まず、 化粧を学問の俎上に挙げるために研究者はどのようなプランニングをしたのかを明らかにする。つぎに、 そのプラン の実践としての大阪樟蔭女子大学における化粧に関連するカリキュラムを時系列で追うことで、 化粧学設置までにど のような経緯があったのかを調査する。そして、 改めて化粧学が包括する学問領域についてその可能性を探る。最後 に、 化粧学が学問としてその根底に何を含んでいるのか、 近代知への疑義とともにあるポストモダンの思想について 依拠しながら論じる。また、 美が持つイデオロギー性に着目しつつ、人が美に翻弄されそれを求め続ける存在である ことを理解し、美が人々の生活といかに関連しているか、豊かににしているかを既存の学問領域を縦断横断しながら 検討していく必要性について述べる。
What is “beauty studies”? This paper investigates the scholarly significance of this topic. Osaka Shoin Women’s University has offered a curriculum in beauty studies for 10 years, in which time it has proposed new avenues of research in this area and sought to reaffirm the significance of such study. The present paper first aims to assert a planning process of beauty studies curricula. It then provides a chronological examination of beauty studies at Osaka Shoin Women’s University. This is followed by an examination of potential academic disciplines for inclusion among beauty studies. The paper also addresses what should be included in the foundations of beauty studies with regard to questions raised concerning present day know- ledge in line with postmodern thought. Additionally, it focuses on the ideology of aesthetics and recognizes that people are concerned with matters of beauty and have a strong desire for beauty, and a cross cutting perspective on the necessity of beauty studies is provided.
Full-Text

https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4292&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information