紀要論文 廃校の活用と学区コミュニティの研究 : 京都都心部の元小学校・学区の事例から
Closed Elementary Schools and School District Communities : Case Studies in Central Kyoto
ハイコウ ノ カツヨウ ト ガック コミュニティ ノ ケンキュウ キョウト トシンブ ノ モトショウガッコウ ガック ノ ジレイ カラ

萩原, 雅也  ,  ハギハラ, マサヤ  ,  Masaya, HAGIHARA

内容記述
本論は、萩原[2016]以後の京都都心部の廃校跡地活用の進展についてまとめるとともに、近年の社会状況の 変化に対応し、新たな取り組みを行っている 3 つの学区を対象とした実地調査の成果について考察することを目的と している。本論をとおして明らかとなることは、統合された学区の一部で児童生徒数が急増し、学校跡地に新校舎の 建設が求められる反転現象が生まれており、一方では、活用が進まなかった跡地を定期借地として貸し付け、民間か ら活用事業を募る新方式の採用によって跡地活用が進みつつある地域もあることである。さらに事例調査によって、 急激な地域社会の変容や新しい活用方式に対応しながら、住民の地道で創造的な自治活動、芸術文化活動の展開によっ て、地域コミュニティが活性化し、元小学校の文化的価値が再発見されている学区のあることが提示される。
The aim of this paper is to summarize the progress of reuse of closed elementary schools in central Kyoto, and consider outcomes of field surveys on three districts with closed schools and that are responding to recent changes in the social climate and undertaking new forms of action. One finding clarified is that the number of students has increased sharply in some of the districts with closed schools; this necessitates con- struction of a new elementary school building on the site of the closed school. In contrast, other school districts are rapidly advancing with reuse of sites of closed schools by adopting a new proposal system, established by the city of Kyoto, in which sites are leased to the private sector for the next 60 years. Addi- tionally, case studies imply some school districts have revitalized their local communities and rediscovered the cultural value of former elementary schools through creative self governing activities or arts and culture. Such efforts are taken to respond to the sudden changes in local society and to the new proposal system.
本文を読む

https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4291&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報