紀要論文 知的財産のオープン化による無償取引と収益の認識 (2)
Effects of Open Intellectual Property on Gratuitous Transactions and Recognition of Revenue
チテキ ザイサン ノ オープンカ ニヨル ムショウ トリヒキ ト シュウエキ ノ ニンシキ 2

越智, 砂織  ,  オチ, サオリ  ,  Saori, OCHI

内容記述
本論文は、企業が特許権を保有したまま国内外の第三者に無償提供する、いわゆる「知的財産のオープン化(特許の無償開放)」が法人税法 22 条 2 項にいう無償の役務提供に該当するか否かについて論じたものである。知的財産のオープン化とは、同業他社に自社技術を解放することによって、自社技術の技術標準化を図ることを目的としたものである。本論文では、無償取引が収益を認識するのかという問題提起を行い、収益の擬制や役務提供の範囲について検討した。結果として、特許の無償開放は無償の役務提供に該当し、それは法人税法上、みなし特許収入として益金に算入されるべきであると結論づけた。
The paper addresses enterprises’ maintenance of patent rights amid open intellectual property movements with regard to free provision to domestic and international third parties, and under Article 22 2 of the Japanese Corporation Tax Act. Open intellectual property is a scheme aimed at standardizing private enter- prises’ technologies to increase sharing of such technology among companies in similar areas of business. This paper investigates the problem of whether revenue is recognized in gratuitous transactions, as well as provision of revenue and service rendering. The conclusion is made that removal of costs corresponds with gratuitous rendering of services, and in accordance with the Corporation Tax Act, profits deemed as patent income should be included in gross revenue.
本文を読む

https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4290&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報