紀要論文 漢字二字熟語の意味とそれを構成する漢字の意味との関連性 (透明性)データベースの構築
Constructing a Database of Semantic Transparency of Japanese Two Kanji Compound Words
カンジ ニジジュクゴ ノ イミ ト ソレ オ コウセイ スル カンジ ノ イミ トノ カンレンセイ トウメイセイ データベース ノ コウチク

川上, 正浩  ,  Masahiro, KAWAKAMI

内容記述
視覚呈示された単語認知過程に関する多くの研究が、単語を読む際の、部分の処理と全体の処理との相互作用 に注目している。日本語で最も一般的な単語構造である漢字二字熟語についても、部分処理と全体処理との関係が検 討されてきた。本研究では、漢字二字熟語自体の意味と構成要素の漢字の意味との一致が調査された。合計 208 人の 大学生がこの研究に参加した。415 項目の漢字二字熟語のリストは、4 つのサブリストにランダムに分割された。調査 参加者はそれぞれ 1 つのサブリストに対し、漢字二字熟語の意味とその構成要素の漢字の意味の一致を主観的に評価 するよう求められた。この評定値の平均および標準偏差が計算された。結果はテーブルで示されている。このデータ ベースは、認知心理学領域の単語認知過程の検討に際して、漢字二字熟語の透明性に関するデータベースを提供する。
Many studies on visual word recognition have focused on the interaction between analytic process and holistic process in reading single word. For two kanji compound words, which are the most common word structure in the Japanese language, the relation between whole word processing and the partial processing has been examined. In the present study, the consistency between the meaning of two-kanji compound word itself and that of component kanji characters(semantic transparency)was investigated. A total of 208 university students participated in this study. A list of 415 words was arbitrarily divided into 4 sub-lists. Each participant was given one sub list and asked to rate each word with regard to consistency between the meaning of two kanji compound word and that of its component kanji character(semantic transparency). Means and standard deviations were calculated for the semantic transparency. The results of this study are catalogued in the tables presented here. This database may be employed to provide normative semantic transparency data for experimental studies using two-kanji compound words for word recognition in cogni- tive psychology.
本文を読む

https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4280&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報