Departmental Bulletin Paper 「初等教科教育法」におけるアクティブ・ラーニング型授業改善への試み : 学生のアンケート調査から見た指導効果と課題
Attempt to Improve Classes using the Active Learning Method, According to the“Method of Primary Subject Education”: Guidance Effects and Challenges as Seen from Student Questionnaire Survey
ショトウ キョウカ キョウイクホウ ニ オケル アクティブ ラーニングガタ ジュギョウ カイゼン エノ ココロミ ガクセイ ノ アンケート チョウサ カラ ミタ シドウ コウカ ト カダイ

山本, 幸夫  ,  Yukio, YAMAMOTO

Description
アクティブ・ラーニングは、活動を取り入れた大学の授業改善の方法として多く取り入れられてきているが、それは、学びの意味や内容の理解にどれだけ有効に働いているのだろうか。本研究の目的は、アクティブ・ラーニング型授業を取り入れた初等教科教育法(生活)の指導効果と課題を検証することにある。まず、「内化」と「外化」、「再生型」と「再構成型」からなるシラバスを考えるための座標軸を設定し、シラバスに基づき実践を試みた。次いで、その実践が学びの意味や内容の理解にどう働いたのか、その指導効果と課題を明らかにした。方法は、学生への質問紙調査である。その結果、「再構成型の内化から再構成型の外化へ」「再生型の内化から再構成型の外化へ」展開する授業は、学びの意味や深い理解をもたらすことが明らかになった。本稿では、これらの結果も踏まえ、今後の課題についても整理を試みた。
Active learning has been adopted as a method for facilitating learning at universities by incorporating activities. How much effect does it have on meaning of learning and understanding of contents? The purpose of this study was to verify the guidance effects and challenges of the“method of primary subject education” (life environment studies) which incorporates active learning lessons.First, I made the coordinate axis to think about the syllabus consisting of “internalization”and“externalization”“repeat”and“reconstruct”. based on the syllabus, tried to practice. Next, the practice clarified whether it was effective for the meaning of learning and understanding of contents. The investigation way was student questionnaire survey. As a result, it was revealed that two type classes, from“reconstruct”-“internalization”to“reconstruct”-“externalization” and from“repeat”-“internalization”to“reconstruct”-“externalization”brought the meaning of learning and deep understanding . In this paper, I also arranged future problems.
Full-Text

https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4267&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information