紀要論文 栄養教育の視点からの摂食障害の予防教育に関する研究 : わが国における実践研究の把握と栄養教育教材の検討
エイヨウ キョウイク ノ シテン カラノ セッショク ショウガイ ノ ヨボウ キョウイク ニ カンスル ケンキュウ ワガクニ ニ オケル ジッセン ケンキュウ ノ ハアク ト エイヨウ キョウイク キョウザイ ノ ケントウ

鈴木, 朋子  ,  Tomoko, SUZUKI

7pp.215 - 224 , 2017-01-31
NII書誌ID(NCID):AA12510644
内容記述
摂食障害の予防教育活動は、わが国では取り組みが少なく、その充実が課題とされている。本研究は、摂食障害の予防教育における「栄養学的アプローチ」に着目し、栄養教育の視点から、予防教育のあり方を検討することを目的とした。研究1 として、摂食障害の予防教育に関する先行研究、および教材の把握を試みた。その結果、摂食障害の予防教育に関する邦文論文の報告は少なく、内容はメディアリテラシー教育や心理教育の視点から計画されたものであった。教材を検討した結果、栄養学的な視点からは、低栄養の予防や健康的な食生活の実践が、摂食障害の予防教育として必要と考えられた。研究2 として、栄養教育で活用できる教材を作成し、女子大学生30 名を対象に、教材の理解や伝わり方に関する調査を行った。作成した教材は、「カルタ」で、健康的な食事や食生活に関する情報を提供するとともに、自分自身の食生活を振り返ることを促す可能性が示唆された。
本文を読む

https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4107&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報