紀要論文 「小学校教育実習」における事前・事後指導の在り方 : 学生の意識調査から見た指導効果と課題
Preand PostGuidance Procedures in “Primary School Teaching Practice”: Guidance Effects and Challenges as Seen from Student Attitudes Survey
ショウガッコウ キョウイク ジッシュウ ニ オケル ジゼン ジゴ シドウ ノ アリカタ ガクセイ ノ イシキ チョウサ カラミタ シドウコウカ ト カダイ

大杉, 稔  ,  山本, 幸夫  ,  田村, 壽  ,  オオスギ, ミノル  ,  ヤマモト, ユキオ  ,  タムラ, ヒサシ  ,  Minoru, OSUGI  ,  Yukio, YAMAMOTO  ,  Hisashi, TAMURA

内容記述
本研究の目的は、教育実習の事前・事後指導について、その効果と課題を検証することである。あらかじめ調査された教育実習に対する学生の不安の中で最大のものは「授業づくり」であり、次いで「児童や教員との人間関係づくり」であった。この結果を基に展開された授業「教育実習指導」においては、まず、模擬授業、現場教員の講話、ビデオ視聴等の事前指導を行った。実習後、質問紙調査により、この事前指導によって不安が解消されたか、また実習校で実際に役立ったかを内容別に明らかにした。その結果は全体として良好であったが、例えば「教材研究」では、不安解消にはつながったものの現場での実用性はやや低いという傾向が出た。このことから、個別の教材作りで止まることなく、指導目標や子どもの発達特性に結びついた汎用性のある「教材研究の視点」として指導することの大切さが浮き彫りになった。また、実習前の予想と現実のギャップについても調査したが、学生は実習先で、授業中の発問の仕方や特別な支援を要する子どもへの対応等に難しさを感じていたことが判明した。本稿では、これらの結果を踏まえ、教員になるための自覚や使命感をさらに高める事後指導(リフレクション)の在り方についても、その整理を試みた。
The purpose of this study was to verify the effects and challenges of teaching practice guidance. A pre investigation of teaching practice anxieties revealed that “lesson planning” was the cause of greatest anxiety amongst student teachers followed by “human relation” factors. Based on these results, “Teaching practice guidance”, was expanded to include such things as mock lessons, lectures by active teachers, and video viewing. A post teaching practice survey results, made clear whether pre teaching guidance anxieties were allieved, and pre teaching guidance was actually useful during teaching practice. Overall, the results were favorable. For example, in the case of “Researching teaching materials”, there was a link in anxiety allevia- tion, but in practical terms, in relieving actual teaching practice situation anxiety, there was quite a low tendency. From this it was revealed the importance of having a more broad utility with respect to “Teaching materials research viewpoint” to also combine things like instructional objectives and developmental charac- teristics of children, while not stopping the making of teaching materials per se. Furthermore, the survey revealed a discrepency between pre teaching practice expectations and the actual teaching situation. During teaching practice, students found difficulty in things like how to ask questions and how to respond to chil- dren who require extra support. In this paper, based on the survey results, we attempt to organize the data in order to heighten awareness, and develop a sense of mission with regard to post teaching practice reflection procedures for the purposes of training students to become teachers.
本文を読む

https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4101&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報