紀要論文 不思議現象信奉と批判的思考の関連に関する検討 : 測定尺度の改訂
不思議現象信奉と批判的思考の関連に関する検討:測定尺度の改訂
フシギ ゲンショウ シンポウ ト ヒハンテキ シコウ ノ カンレン ニカンスル ケントウ : ソクテイ シャクド ノ カイテイ

川上, 正浩  ,  坂田, 浩之  ,  Masahiro, KAWAKAMI  ,  Hiroyuki, SAKATA

6p.267 , 2016-01-31
NII書誌ID(NCID):AA12510644
内容記述
全項目を対象に因子分析を繰り返し、10 因子解 (73 項目:表1)を採用した。第1 因子はメディアで 喧伝される不思議現象に対する懐疑である“懐疑”因 子、第2 因子は神仏や霊の存在を信奉する“スピリチュ アリティ信奉”因子、第3 因子は不思議現象を楽しむ 態度である“娯楽的享受”因子、第4 因子は占いやお まじないを嗜好する“占い・呪術嗜好性”因子、第5 因子は自ら知覚する社会的現実を根拠に宇宙人や霊の 存在を否定する“社会的現実を根拠とした否定”因子、 第6 因子は霊体験の有無を表す“霊体験”因子、第7 因子は血液型性格判断に端を発する社会的問題を危惧 する“血液型性格判断に対する批判”因子、第8 因子 は事件の件数等の事実に基づき、霊や霊能力の存在を 否定する“事件の頻度を根拠とした否定”因子、第9 因子は不思議現象に対する恐怖である“恐怖”因子、 第10 因子は問題の原因を前世に帰属することに対す る否定的な“前世帰属に対する否定”因子であると解 釈された。以上の10 因子は、旧尺度の6 下位尺度に、 社会的現実を根拠とした否定、血液型性格判断に対す る批判、事件の頻度を根拠とした否定、前世帰属に対 する否定の4 下位尺度を加えたものであると解釈でき る。 *この研究は、日本心理学会第79 回大会において発 表された。
本文を読む

https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4047&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報