Departmental Bulletin Paper 簡易型自記式食事歴法質問票(BDHQ)を用いた外来糖尿病栄養指導対象者抽出法に関する検討
Study of Ambulatory Patients with Diabetes Using a Brief Self Administered Diet History Questionnaire(BDHQ)to Identify Patients at Risk of Complications.
カンイガタ ジキシキ ショクジ レキホウ シツモンヒョウ(BDHQ) オ モチイタ ガイライ トウニョウビョウ エイヨウ シドウ タイショウシャ チュウシュツホウ ニカンスル ケントウ

井尻, 吉信  ,  西條, 千知  ,  網代, 真紀  ,  中尾, 安侑子  ,  松下, 良枝  ,  三木, 瑶子  ,  Yoshinobu, IJIRI  ,  Chisato, SAIJO  ,  Maki, AJIRO  ,  Ayuko, NAKAO  ,  Yoshie, MATSUSHITA  ,  Yoko, MIKI

【背景】地域に開かれた無床診療所には、管理栄養士はほとんど常勤しておらず、栄養指導が必要な生活習慣 病患者に対する指導でさえも十分に実施できていない現状がある。また、糖尿病栄養指導対象者抽出については、医 師の主観(治療歴、患者背景、患者の性格等)や血液検査値等の客観的指標のみを参考にしており、必ずしも食事調 査結果に基づいた抽出をしている訳ではない。そのため、実際に食習慣が乱れており、糖尿病栄養指導の必要性が高 い患者に対して効率良く栄養指導ができているとは言い難い。 【目的】無床診療所における外来糖尿病患者の治療効果を向上させるため、BDHQ から得られた食事調査結果を活 用した新しい外来糖尿病栄養指導対象者抽出法を確立すること。 【方法】M 医院(大阪府阪南市)に通院している2 型糖尿病患者のうち、研究の趣旨に同意が得られた109 名(男 性77 名、女性32 名、平均年齢64.7±7.4 歳)にBDHQ を実施し、ある1 日の平均的な「栄養素摂取量」を算出し た。次いで当該患者カルテの検査値(HbA1c、クレアチニン等)を記録し、食事調査結果と組み合わせた栄養指導 対象者抽出基準を検討した。 【結果および考察】糖尿病食事療法のうち、栄養基準が大きく変化する糖尿病性腎症第3 期B に該当する患者は、 109 名中25 名であった。このうち、BDHQ から得られたたんぱく質摂取量が1.0g/kg 標準体重/日を上まっている 患者は17 名であり、特にこれらの患者は管理栄養士による詳細な栄養指導を受ける必要性が高いことが考えられる。 BDHQ は集団での妥当性はある程度証明されているが、個人での妥当性は証明されていない。そのため得られた結 果の解釈には慎重な配慮を要する。しかし、少なくとも今回のように、無床診療所において管理栄養士による詳細な 栄養指導を受ける必要性があるか否かを大雑把に判定するような目的には最適であろうと考えられた。
Purpose: To improve therapeutic efficacy of ambulatory patients with diabetes in non-bed clinics and to establish a new method of identifying subjects at risk of diabetes related complications using a dietary survey obtained from a brief self administered diet history questionnaire(BDHQ). Methods: Among patients with type 2 diabetes attending M clinic(Osaka, Japan), 109 gave informed consent(male 77, female 32, mean age 64.7 ± 7.4 years). A BDHQ was administered to calculate the average “nutrient intake” per day. The test results in the patients’ medical records(HbA1c, creatinine, etc.) were recorded. The criteria for identifying patients requiring nutritional guidance were also examined in conjunction with the dietary surveys. Results: For 25 of the participants, their nutritional standards put them at risk of third phase B diabetic nephropathy. Of these, the protein intake of 17, as calculated from the BDHQ, was >1.0 g/kg/day. It was considered essential that these patients receive detailed nutritional guidance from registered dietitians. Although the relevance of administering group BDHQ is to some extent proved, the benefit for the individual has not been demonstrated. The interpretation of the results must, therefore, be viewed with caution. However, there are indicators that suggest detailed nutritional guidance by registered dietitians at non bed clinics would be advisable. Keywords: Non bed Clinic, In

Number of accesses :  

Other information