Departmental Bulletin Paper 有限フロベニウス環上の符号理論の研究
Study of Coding Theory over Finite Frobenius Rings
ユウゲン フロベニウスカンジョウ ノ フゴウ リロン ノ ケンキュウ

松岡, 学  ,  Manabu, MATSUOKA

この論文では、有限体上の符号理論を環上の符号理論へ拡張する方法を考察する。最初に、有限体の拡張とし て有限可換QF 環を考え、線形符号の巡回性を調べる。巡回符号の自然な拡張として、多重巡回符号と逐次符号を定 義し、有限可換QF 環上の双対性を調べる。また、有限可換QF 環上の自由符号において、可逆な定数項をもつ単項 多重巡回符号の特徴づけを行う。最後に、有限可換QF 環上の線形符号を有限非可換環上へ拡張することを考え、今 後の研究の方向性をまとめる。
In this paper we generalize coding theory over finite fields to finite rings. First, we consider finite commutative QF rings instead of finite fields, and we study cyclicity of linear codes. We define polycyclic codes and sequential codes, natural generalization of cyclic codes, and study duality of these codes over finite commutative QF rings. Next, we characterized the family of principal polycyclic codes with invertible constant terms over finite commutative QF rings. Finally, we generalize coding theory over finite commutative QF rings to finite noncommutative rings, and we show results and problems of the neighbourhood last.

Number of accesses :  

Other information