Departmental Bulletin Paper 子どもにとっての「家」の意味に関する人間学的考察 : ワークショップ型授業における協同考察を通じて
How Do Students Understand the Meaning of Home for Children : an Attempt of Doing Phenomenology and Practicing Realistic Approach in the Class of Teacher Training Course
コドモ ニ トッテ ノ イエ ノ イミ ニカンスル ニンゲンガクテキ コウサツ : ワークショップガタ ジュギョウ ニオケル キョウドウ コウサツ オ ツウジテ

村井, 尚子  ,  Naoko, MURAI

Description
本研究は、子どもにとっての「家」のもつ意味を現象学的人間学的な手法をおよびリアリスティック・アプロー チを用いた授業を展開することで、学生とともに探究する試みを扱ったものである。現象学的人間学の方法は、1950 年代のオランダユトレヒト学派によって用いられるようになり、現代カナダの現象学的教育学者マックス・ヴァン= マーネンによって深化されることで各国の教師教育の現場で活用されるようになっている。さらに、リアリスティッ ク・アプローチは、現代オランダの教育学者F・コルトハーヘンによって、学び続ける教師を養成するための教師教 育の手法として開発された。筆者はこれらの手法を参考にしながら、学生と共に創るワークショップ型の授業を実施 し、家のイメージの抽出、絵本や映画における家の意味についての考察、学生自身のお留守番の経験を振り返るといっ た方法を用いて、様々な角度から子どもにとっての「家」の有り様を明らかにした。この授業を通じて、学生達は、 家族が子どもの成育に与える影響を自ら体感的に理解し、家庭の有り様と子どもとの関係に感受性豊かに気づき、教 師・保育者として子どもの育ちの基盤を支えていくことの意義を看取したと言える。
It is important that children are brought up in families. A home is not the same thing as a house. Pestalozzi argued that “pedagogy of living room” was critical for children’s sound development. German researcher Bollnow defined home as a peaceful sanctuary and the essential place where our lives are rooted. These definitions led me to conduct phenomenological research aimed at clarifying the significance of home for children. The subjects were for undergraduate student teachers at my university. The student teachers participated in several group activities on the meaning of home: listing images of home, explaining these images, seeking meanings that are expressed in picture books and movies, and reading the description of being left in “Researching Lived Experience” by Max van Manen. Students tend to be unaware concerning Home, then it is no doubt for students to present and living in Home. Therefore, it would be stimulable and exciting experience for them. They re consider from the perspective of children’s view and experience, then they realize the meaning of Home. Precisely because they are going to step into elementary, kindergarten, or nursery schools as teachers, it is powerful activities to address the fundamental meaning of “Home” for children. This makes student teacher more sensitive for children’s experience and more insightful children’s behavior and their future possibilities.
Full-Text

https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4038&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information