紀要論文 距離の不変性をもつ行列を題材とした高校数学における教材開発
The Teaching Materials Development of Isometric Transformations for High School Mathematics
キョリ ノ フヘンセイ オ モツ ギョウレツ オ ダイザイ トシタ コウコウ スウガク ニオケル キョウザイ カイハツ

松岡, 学  ,  Manabu, MATSUOKA

6pp.165 - 174 , 2016-01-31
NII書誌ID(NCID):AA12510644
内容記述
本研究の目的は等長変換を用いた教材を通して、高校生に数学への興味・関心をもたせることである。旧課程 における行列には、それまでの高校生が習わない新しい概念がいくつも含まれている。例えば、非可換性、べき零性、 線形性などである。これらの豊富な内容を高校生に有効に伝える1 つの手段として、筆者が等長変換を題材にして作 成した教材を考察する。教材の特徴として、解答が多彩なことが挙げられる。次に、筆者の以前の勤務校において授 業実践を行った結果を報告する。新課程においては行列が姿を消したが、行列の重要性を本論文において改めて探り たい。
The purpose of this study is to bring up interest to mathematics for high school students. A new concept is included in the field of the matrices of high school mathematics. For example, noncommutativity, nilpotency, linearity. These properties are surprising things for high school students. We took up the isometric transformations for the subject since it contained very interesting contents. We developed the teaching materials of isometric transformations. It is creation and multifaced answers to be important by learning of high school mathematics. We taught it using the teaching materials which we developed. The method of the investigation is the questionary survey.
本文を読む

https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4037&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報