Departmental Bulletin Paper 教員養成課程におけるリアリスティック・アプローチ導入の理念と意義
The Significance of Introducing a Realistic Approach in Teacher Education Curriculum
キョウイン ヨウセイ カテイ ニオケル リアリスティック アプローチ ドウニュウ ノ リネン ト イギ

小野寺, 香  ,  村井, 尚子  ,  中山, 美佐  ,  濵谷, 佳奈  ,  山本, 一成  ,  坂田, 哲人  ,  Kaori, ONODERA  ,  Naoko, MURAI  ,  Misa, NAKAYAMA  ,  Kana, HAMATANI  ,  Issei, YAMAMOTO  ,  Tetsuhito, SAKATA

Description
本稿は、教員養成課程におけるリアリスティック・アプローチを導入する理念と意義について検討を加えるも のである。リアリスティック・アプローチとはコルトハーヘン(Fred A. J. Korthagen)によって提示されている 教師教育実践のための概念で、教育的実践から効果的な学びを得ようとするものである。現在、教師に求められる資 質の一つに、「学び続ける」ことが含まれているが、それを教員養成段階において修得するために、リアリスティッ ク・アプローチは有効な方法であると言える。教育的な経験を多様な観点から具体的に振り返り、それによって新た な気づきを得ることは、教師自身の内側から生じる学びを可能とする。こうした力は、教師自身が成長をし続けるこ とを支えることが期待される。ただし、同アプローチの受け止め方は学生によって異なるため、それを否定的に受け 止める学生に対して行うべき配慮の仕方を検討したり、また、同アプローチを実践するために教師教育者も自身の経 験を活かした学びができるようになるための取り組みが求められることは留意すべきである。
This paper discusses the significance of introducing a realistic approach in teacher education curriculum. The realistic approach is the concept for doing teaching practice presented by Fred A. J. Korthagen, which aims to acquire effectively learning from educational practice. Currently, one of the qualities required of teachers includes the one of the “keep learning”. In order to acquire the quality in a teacher training stage, the realistic approach can be an effective method. Reflecting educational experiences from a variety of viewpoints to earn new recognitions makes teachers learn the inside of the teacher himself. Such power expects teachers to continue to develop themselves. As each student has a different perception of this approach, however, we need to examine how to deal with students who have negative feelings, and also to take the practice to be able to use their own experiences in order to practice the same approach.
Full-Text

https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4029&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information