紀要論文 心の理論インタビューの青年期後期から成人期の日本人女性への応用 : 心の理論インタビューでどこまで他者の心的状態理解が測定できるか
Measuring Individual Differences in Theory of Mind : An Adaptation of an Interview Method for Japanese Adults
ココロ ノ リロン インタビュー ノ セイネンキ コウキ カラ セイジンキ ノ ニッポンジン ジョセイ エノ オウヨウ : ココロ ノ リロン インタビュー デ ドコ マデ タシャ ノ シンテキ ジョウタイ リカイ ガ ソクテイ デキルカ

辻, 弘美  ,  山﨑, 綾香  ,  藤原, はづき  ,  Hiromi, TSUJI  ,  Ayaka, YAMAZAKI  ,  Hazuki, FUJIWARA

6pp.13 - 19 , 2016-01-31
NII書誌ID(NCID):AA12510644
内容記述
本研究は、欧米で開発された心の理論の個人差を測定するためのインタビュー課題(Bosacki, 2000)を日本 語話者に応用することを目的とし、その可能性について検討した。インタビュー課題は2 つのテーマからなり、それ ぞれ曖昧な文脈で起こる出来事をストーリー刺激として呈示した。ストーリーを聞いた後、参加者には、面接者の質 問に答える形式で、出来事の因果や登場人物の心的状態について自分の解釈を回答してもらった。回答を、どの程度 登場人物の内面や出来事の因果に言及しながら解釈をしているかの視点からコーディングし点数化した。本研究では、 青年期後期から成人期の日本人女性として、母親と女子大学生を対象にして出来事の因果や登場人物の心的状態への 言及の程度の個人差を測定した。インタビュー得点の分布の正規性および、内的整合性は許容範囲内であった。イン タビュー得点は心的因果の認知を測定するとされるEmpathizing Quotient: EQ との有意な正の相関が認められた 一方で、Interpersonal Reactivity Index: IRI の個人的苦痛とは有意な負の相関が認められた。母親は女子大学生に 比して心の理論インタビュー得点が高かった。これらの結果をもとに、インタビュー課題を用いた心の理論の個人差 の測定可能性について考察した。
The present study examined an interview method for measuring the theory of mind and its adaptation to a young adult Japanese population. The original interview method devised for English-speakers(Bosacki, 2000)used an ambiguous story to probe the interviewee’s mental state references and causal explanations when interpreting the story. The verbal responses were coded and scored in the same way as the original study. In this study, we compared the scores of Japanese mothers and female university students. The distribution and internal consistency of the interview scores were analyzed and found to reach at an acceptable level. The interview scores correlated positively with cognitive empathy measured on the Empathizing Quotient Scale and also correlated negatively with the Interpersonal Reactivity Index in a subordinate measure of “personal distress”. The mothers’ interview scores were significantly higher than the female university students. Drawing on these results, the extent to which this interview method can be used to measure a Japanese speaking population of young adults and adults was discussed.
本文を読む

https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4022&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報