紀要論文 大学における全学科学生を対象とした帰属感高揚プログラムの開発 : 2013~2015 年度プログラムの比較と「教員の対談」の分析
Educational Program to Boost Students’ Sense of Identification with their University : A Comparison of 2013 2015 Programs and Analysis of Talk of the Teachers Approach
ダイガク ニオケル ゼンガッカ ガクセイ オ タイショウ トシタ キゾク カンコウヨウ プログラム ノ カイハツ : 2013 2015 ネンド プログラム ノ ヒカク ト キョウイン ノ タイダン ノ ブンセキ

奥田, 亮  ,  川上, 正浩  ,  坂田, 浩之  ,  佐久田, 祐子  ,  川野, 佐江子  ,  川端, 康之  ,  Akira, OKUDA  ,  Masahiro, KAWAKAMI  ,  Hiroyuki, SAKATA  ,  Yuko, SAKUTA  ,  Saeko, KAWANO  ,  Yasuyuki, KAWABATA

6pp.3 - 12 , 2016-01-31
NII書誌ID(NCID):AA12510644
内容記述
筆者らはこれまで、大学における全学科学生を対象とした帰属感高揚プログラムを開発してきた。本研究では、それまでのVTR を改善し、かつ受講生の所属する学科教員が登壇した2014 年度以降のプログラムの方が、2013 年度のプログラムに比べてより効果的であるかを再検証し、さらにその効果について「教員の対談」に注目して分析し検討することを目的とした。質問紙調査の結果、2014 年度以降のプログラムの方が効果的であり、特に教員の対談の効果が高まっていることが示された。さらに教員の対談の狙いを語りの内容から分析したところ、①フランクに自身の学生時代を示すことで、受講生の教員に対する親近感を高める、②自身の体験を踏まえて、大学・学科に関して語りかけ、受講生の大学生活の内省と帰属意識を促す、③個としての成長の取り組みを示し、呼びかけることで、成長の場として今の大学生活への自己関与意識を高め、帰属感につなげる、といった内容に分類され、受講者にとって親近性の高い教員がそれらの狙いに沿って語ることで、プログラムの効果が高まることが示唆された。
At our university, we developed “University and I”-a program for students from all departments to foster a greater sense of identification with the university. We have improved the program we developed in 2013 by remaking video clips and boosting familiarity with faculty through our Talk of the Teachers approach. We incorporated those improvements in the 2014 and 2015 programs. This study analyzes the effectiveness of those programs compared with that in 2013. Questionnaire results showed that the programs and Talk of the Teachers were more effective in 2014 and 2015. Faculty members’ speaking objectives in Talk of the Teachers were classified as follows: (1) by frankly sharing their own university experiences, they could increase student familiarity with their teachers; (2) their talking about university and department matters based on their own experiences encouraged student self reflection on university life and a sense of belonging to the university; (3) by sharing their own actions as individuals, they could enhance students’ awareness of university life as a stage of personal development, thereby promoting a sense of belonging to the university. We found that when faculty with whom the students felt a sense of familiarity spoke with these intentions, the program was more effective in its aims.
本文を読む

https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4021&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報