Departmental Bulletin Paper 介護職における省察に関する研究 : 学習する組織を中心に

水野, 尚美  ,  岡本, 浄実  ,  村上, 逸人  ,  野田, 由佳里

Description
本研究は,介護現場における研修内容を検討するための基礎資料とするために実施した.特別養護老人ホームおよび老人保健施設に勤務する介護職員(180名)を対象とし,質問紙を用い郵送法で調査を行った.本報告では,学習する組織の25項目の質問について検証的因子分析を行った.結果,5因子を抽出し【精神的支柱】【チームケア】【楽しむ工夫】【思考の共有】【サポーティブなチーム】と命名した.介護職は,職場での役割を柔軟にとらえていることや,介護職には学習する組織としてのコミュニティが培われてきていることが明らかになった.一方で,即戦力となる人材の中途採用や非正規雇用者の増加など培われたコミュニティを実感できない状況にあることも明らかになった.今後の介護現場は,海外からの人材採用も増加することが予想されている.様々な入職課程の人材が介護現場で学び続ける学習体制や研究観を培う研修の検討が必要である.
研究ノート
Full-Text

https://narasaho-c.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=220&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information