紀要論文 保育活動に対する幼児の集中力に及ぼす導入としての手遊びの効果
Fingerplay as an introduction lets preschoolers focused on subsequent activity

目久田, 純一  ,  越中, 康治

内容記述
幼稚園や保育所において頻繁に用いられる導入としての手遊びにはどのような効果が期待されるのだろうか。本研究は,25 名の幼稚園児が林檎の絵の描画課題に取り組んでいる10 分間の様子を記録し,2 群間で余所見の回数と時間とを比較した。一方の群(5 歳児クラスに在籍する男児6 名と女児6 名)には林檎に関連した手遊びを課題に先駆けて提供し,もう一方の群(5 歳児クラスに在籍する男児7 名と女児6 名)には林檎とは無関係の手遊びを提供した。課題中の余所見の回数と時間の各々を従属変数とする2(条件:課題関連手遊び群,課題無関連手遊び群)×4(時間区分:0:00-2:30,2:31-5:00,5:01-7:30,7:31-10:00)の分散分析の結果,余所見の回数と時間の両方において交互作用が有意だった。単純主効果の検定の結果,0:00-2:30 においてのみ課題関連手遊び群の余所見の回数と時間は課題無関連手遊び群よりも少なかった。幼稚園で実施される導入としての手遊びは,その後の活動に関連する手遊びに限って,活動の開始直後のこどもたちの集中力を促進すると推測される。
What effect on preschoolers is expected to fingerplay as introduction to activity in kindergarten? In this study we recorded 25 preschoolers drawing pictures of the apples in 10 minutes, and compared the numbers and the time of looking away between two groups: One group (6 boys and 6 girls in 5yrs class) played an apple-related fingerplay and the other group (7 boys and 6 girls in 5yrs class) played a fingerplay unrelated to apple prior to drawing pictures. Two-way mixed ANOVAs tested for the effect of fingerplay (task related or unrelated fingerplay) and time intervals (0:00-2:30, 2:31-5:00, 5:01-7:30, 7:31-10:00) showed that the task related fingerplay group was more concentrative to the task than the other group during 0:00 to 2:50 in the activity. In kindergarten fingerplay as introduction might get preschoolers focused on immediately after beginning of the sequent activity, when the fingerplay’s theme matches the theme of the activity.
本文を読む

https://baika.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=133&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報