Departmental Bulletin Paper 2015年度国際看護学演習 : 米国カリフォルニア州における海外看護研修報告
The Report of Global Health Nursing Overseas Practicum in Los Angeles in 2015

田代, 麻里江  ,  巽, 彩香  ,  藤田, 栞  ,  張, 暁春

Description
梅花女子大学の海外看護研修は、4年前期選択科目である国際看護学演習の一環として実施している。2015年度の研修先は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスにあるBIOLA大学を中心に、本学独自のプログラムを実施した。国際看護学演習科目担当教員の国際的なネットワークを生かし、BIOLA大学および周辺の保健医療施設で、高度医療、コミュニティ病院、老健施設など様々な医療レベルでの看護を学ぶ機会を設けることができた。さらに、多民族社会であるロサンゼルスの特徴と人々の生活を学ぶため、マイノリティのコミュニティ訪問、ホームビジットによるホストファミリーとの交流など、社会的な現象が人々の健康や看護に及ぼす影響についても考える機会を設けた。こうした本学独自のプログラムは現地施設等の受入れ体制も良く魅力的であり、参加学生の満足度は高いことがわかった。
Baika Women's University offers Nursing Overseas Practicum as a part of Global Health Nursing course for senior student's elective curriculum. In 2015, our originally-designed practicum took place at BIOLA University and its surrounding area in Los Angeles, California, USA. Utilizing a global network of the faculty member in charge of the practicum, we provided students valuable learning opportunities about nursing in the States, from primary level health care to the world top level clinical research. Furthermore, we expanded our student's study to experience the uniqueness of Los Angles as multi-ethnic society by visiting several minority's communities and local families as a home-visit program. Such an originally-designed practicum program is attractive for students.
Full-Text

https://baika.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=62&item_no=1&attribute_id=22&file_no=4

Number of accesses :  

Other information