紀要論文 特別支援教育と教育課程及び自立活動について

定金, 浩一

内容記述
問題の所在 この度の教育職員免許法では,「特別の支援を必要とする幼児,児童及び生徒に対する理解」に関する科目を1 単位以上必修とすることになり,特別支援教育に関する科目が開講されることになった。 特別支援教育が施行され,インクルーシブ教育が浸透するにしたがって通常学級,通常学校に多くの障害を持った児童生徒が入級・入学している。しかし,通常学級や通常学校の教員が,特別支援教育を完全に理解しているかといえば,理解しているとは思えない。実際,通常学級・通常学校とは教育課程に大きな違いがあり,支援の仕方も違うところがある。そこで,特別支援学校の経験者として,学生たちにできるだけわかりやすく系統立てて教えていきたい。 今回は,最初として,特別支援教育の意義から成立過程,そして教育課程及び自立活動についてまとめるものとする。
本文を読む

https://osu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1956&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報