Departmental Bulletin Paper 1990年以降の兵庫県の都市における農業の変化 ―都市農業振興基本法の施行をふまえて―

石原, 肇

Description
1990年以降,兵庫県の都市においては農業経営基盤の脆弱化が確認された。その一方で,生産緑地面積や専業農家数の減少については,一定程度の減少で収まっていた。地域によって,主要作目が異なることが確認され,農業関連事業等への取組は直売を除くとそれほど多くはないという地域的特性が把握された。生産緑地が比較的多く残る市があることから,これらの保全をどのように図るかが今後の土地利用計画を策定する上での課題となろう。
Full-Text

https://osu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1942&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information