Departmental Bulletin Paper 1990年以降の愛知県の都市における農業の変化 ―都市農業振興基本法の施行をふまえて―

石原, 肇

Description
1990年以降,愛知県全域において農業経営基盤である農地面積や農家戸数の減少が確認されたが,特に名古屋市やその周辺市町で顕著であった。その一方で,生産緑地面積や専業農家数の減少については,一定程度の減少で収まっていた。また,農業関連事業等への取組は直売を除くとそれほど多くはないという地域的特性が把握された。生産緑地の指定について,積極的な市と消極的な市の二極化がみられ,今後の土地利用計画を策定する上での課題となろう。
Full-Text

https://osu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1927&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information