紀要論文 糖尿病足病変から糖尿病神経障害の進展を知るスコアの検討

松永, 早苗  ,  操, 華子  ,  安田, 斎

内容記述
背景 糖尿病患者は増加しており,糖尿病足病変への看護介入が期待されている.糖尿病合併症である糖尿病神経障害(Diabetic Neuropathy:以下DN と略す)の進展を判定することは難しく,糖尿病足病変のケアに活かすことが困難な現状にある.目的 糖尿病足病変の観察からDN の進展を判定できる指標の検討をした.方法 研究に同意を得た2 型糖尿病患者53名に,糖尿病足病変の観察と神経学的検査を実施した. 運動神経障害は,短趾伸筋萎縮と足趾背屈力を評価した.結果・考察 糖尿病足病変から,DN の進展を判定することはできなかった.DN のない段階から患者の多くが足病変を有しており,糖尿病足病変へ早期介入する必要性がわかった.運動神経障害の判定において,短趾伸筋の萎縮を観察することが必要であることがわかった.結論 糖尿病患者の足病変を早期からスクリーニングする重要性がわかった.運動神経障害の指標として,足背短趾伸筋萎縮の観察を取り入れる有用性が示唆された.
本文を読む

https://seisen-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1181&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報