学術雑誌論文 地方行政における社会福祉行政の重点化と地域福祉計画の意義に関する一考察

都築, 光一

内容記述
2000 年に社会福祉法が施行され,さらに 2011 年に地方自治法が改正されたことによって,地域福祉計画や福祉行政の意味合いが変化している。各種福祉制度が次々と改正され,わが国における社会福祉制度は大きな転換期に入っている一方で,地方行政の仕組みは,必ずしも十分に枠組みが形成できていない。それだけに新たに必要とされる枠組みと,地域福祉計画や福祉行政のあり方に関してとらえ直す必要性が高まってきている。 そこで本稿では,これまでの制度改正の流れを概観し,地方行政における重点化に対応したあり方について考察した。その結果,今日の社会福祉関係法令と地方行政機関との制度間にずれがあることが確認された。 このため憲法第 25 条第 2 項を受けた社会福祉法を軸に,生存権の保障に向けた地域福祉計画の具体的展開が望まれると思われた。 Due to the enactment of the Social Welfare Act in 2000 and, in addition, the revision of the Local Autonomy Law in 2011, the implications of regional welfare planning and welfare administration are changing. While the social welfare system in Japan is passing through a period of great change, with these systems undergoing one reform after another, the framework of the local government structure has not necessarily been adequately formed.For this reason alone, there is a growing need to reexamine the required framework and the ideal form of regional welfare planning and welfare administration.Therefore, this study surveys the flow of system reforms to date and examines how to respond to the emphasis on local government.As a result, a gap between the current social welfare laws and regional government authorities is confirmed. Therefore, the actual development of regional welfare plans to guarantee the right to live founded on the Social Welfare Act based on Article 25-2 of the Constitution of Japan is desirable.
本文を読む

https://tfulib.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=535&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報