学術雑誌論文 (研究資料紹介)芹沢銈介作『琉歌愛誦三十三首』と制作資料
Items of interest from the works of Serizawa Keisuke Ryuka Aihou Sanjusansyu (33 Favorite Poems form Okinawa) by Serizawa Keisuke: With new materials related to the book

濱田, 淑子  ,  本田, 秋子

内容記述
吾八書房は、外村吉之介編・解説『琉歌愛誦三十三首<別冊付録>』と、芹沢銈介の型絵染による琉歌、装画、装幀の『琉歌愛誦三十三首<本冊>』を1979年11月に刊行することを計画した。<別冊付録>は1980年7月に出版されたが、型絵染による<本冊>は刊行されることなく終わった。しかし芹沢銈介作の公開済の3冊の下絵資料と新出資料が残っている。新出資料によって、芹沢と外村が出版にむけて鋭意検討を重ねていた形跡が明らかになった。これらの資料を紹介して、最終的にどのような<本冊>が完成予定だったのかを検討した。In November 1979, the publisher Gohachi Shobo planned to publish two books: 33 Favorite Poems from Okinawa, a stencil-dyed picture book by Serizawa Keisuke, and an accompanying, explanatory volume by Tonomura Kichinosuke. Tonomura's explanatory volume was published in July 1980, but the main volume by Serizawa was never actually published. Here, we consider three of Serizawa's books, which have already been exhibited, and new materials related to this book. These new materials make it plain that Serizawa and Tonomura repeatedly consulted on publishing the main volume. We go on to explore what Serizawa envisioned for his ill-fated picture book.
本文を読む

https://tfulib.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=527&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報