Journal Article 家族心理教育の効果と課題に関する一考察--東北福祉大学せんだんホスピタルにおける実践を通して
A Study on the Effectiveness of Family Psycho-education and Related Difficulties at Tohoku Fukushi University Sendan Hospitar

石黒, 亨  ,  西尾, 雅明

Description
 統合失調症の家族に対する心理教育(Family Psycho-education:以下FPE)は,そのエビデンスが明確であることから,科学的根拠に基づく心理社会的援助プログラム(Evidence-Based Practice:EBP)のひとつとされている。 FPEは,家族が病気への理解を深めること,そして対処法を考えることによる,家族のエンパワメントを目的としている。その結果,家族の当事者への接し方が安定することにより,病気の再発率が減少するというエビデンスを示すことができている。 本稿では,東北福祉大学せんだんホスピタル(以下せんだんホスピタル)における実践を通して,FPEの効果と課題について検討を加えた。FPEとりわけグループセッションへの参加は,家族に「選択肢の増大」・「ゆとりの増加」そして「変化の場所がわかる」という変化をもたらし,こうした変化が参加者のエンパワメントにつながっているように思われた。他方,その課題としては,①平日開催による参加者層の限定,②FPEへの参加自体にサポートが必要な場合もある子と,③参加者が提供された情報を活かすためには個別化が必要であること,④フォローアップのあり方,⑤ドロップアウト,をあげた。
Full-Text

https://tfulib.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=519&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information