Journal Article 支援を必要とする児童及び家庭への対応--宮城県大崎市におけるスクールソーシャルワーカーの専門性に関するインタビュー調査をもとに
Responding to Children and Families in Need of Assistance:Based on the Interviews of Specialized School Social Workers in Osaki City, Miyagi Prefecture

君島, 昌志  ,  君島, 智子

Description
 本稿は2014(平成26)年12月から2015(平成27)年1月までの宮城県大崎市立の小学校13校,中学校5校の教員18人を対象としたインタビュー調査をまとめたものである。設定した7つの質問に対する回答を記録誌カテゴリー化して検討した。 支援を必要とする児童の状況は不登校の児童,障害をもつ児童(発達障害),非行の児童など多様なものであると同時に,支援を必要とする家庭の状況についても,ひとり親家庭,児童虐待のおそれ,貧困,離婚,家庭不和,保護者の健康上の問題など多様かつ重層的な問題を抱える状況が明らかになった。 スクールソーシャルワーカーには,学校では立ち入りにくい家庭状況の把握,児童や保護者に様々な働きかけを行う役割を期待していることが明らかになった。 一方,スクールソーシャルワーカーをどのように活用したらよいかよくわからないため,活用していない,また,スクールソーシャルワーカーなど他の相談支援を活用しながらその違いが明確ではないため,スクールソーシャルワークへの理解が深まっていない実態が明らかになった。
Full-Text

https://tfulib.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=513&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information