研究報告書 再分析から見えるキャリア教育の可能性 : 将来のリスク対応や学習意欲,インターンシップ等を例として

生徒指導・進路指導研究センター

2016-03
内容記述
はじめに・・・・・・・・・ 2本報告書について・・・・・ 3知見の概要・・・・・・・・ 8第1部:児童生徒が将来の諸リスクと向き合えるようになるために解説・・・・・・・・・・・・・・10第1章 予期せぬ困難を乗り越えるためにキャリア教育で何ができるか・・・・・・13第2章 「学校から提供された情報」の効果と評価・・・・・・・・・・・・・・・ 18第3章 職業生活上の困難を乗り越えるための知識は誰に届いていないのか・・・・24第2部:キャリア教育はどのように推進され,どのように変容・成長を促しているのか解説・・・・・・・・・・・・30第4章 小学校で「課題対応能力」「キャリアプランニング能力」を育てるには・・ 33第5章 キャリア教育における「卒業生の体験発表会」の意義・・・・・・・・・・39第6章 インターンシップにおける事前指導・事後指導の影響・・・・・・・・・・44第7章 高等学校における基礎的・汎用的能力と生徒の学習意欲・・・・・・・・・50第8章 「キャリアプランニング能力」とキャリア教育諸活動との関連・・・・・・57参考資料・・・・・・・・・ 64研究協力者一覧・・・・・・104
本文を読む

https://nier.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1624&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報