紀要論文 近年の住宅建築における立面の資料整理―「新建築住宅特集」を資料として―

笹島, 麻代  ,  金子, 晋也  ,  羽深, 久夫

内容記述
本研究は,周辺環境との関係性に特徴が見られる2000年代以降の住宅建築における立面について資料整理したものである.対象は,資料が十分に得られた2006年から2012年までに,「新建築住宅特集」の「作品」欄に掲載された住宅建築のうち,配置図,平面図,立面図,断面図があり,道路境界側の立面に開口部の表現がある80作品,立面図95面である.整理内容は,対象作品の資料番号,研究資料データ,道路境界側に面する部屋名と開口の大きさ,配置図,立面図,アクソメ図である.これらの研究資料が,住宅設計における立面の構成を考える際のデータベースになるほか,事例相互の比較をすることで,設計主題のキーワードを抽出し,建築家の意図を明らかにする手助けとなると考える.
In this research,we organized information on elevation plan of residential construction since 2000s which is related to surrounding environment.There are 95 elevation plans for 80 recent residential construction works,which were selected from the articles featured in the WORKS column in SHINKENCHIKU JUTAKUTOKUSYU published between 2006 and 2012.For these works,openings were designed on the elevation surfaces facing the road,and layout plans, ground plans,elevation plans,and sectional plans were prepared.The contents of the information included the resource number of the works,research material data,size of the openings and room names of the sides facing the road,layout plans,elevation plans,and isometric plans.We believe that this organized information will be data of the elevation.Also,by using research materials,we make case comparison and distill design intent.Therefore this organized information will be helpful when we make clear architect’s intent.
本文を読む

https://scu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=134&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報