Departmental Bulletin Paper スイス連邦ヌーシャテル州ラ・ショー=ド=フォンにおける20 世紀初頭のアール・ヌーヴォーの作品―「ART NOUVEAU 2005~2006」における写真資料を中心に―

豊島, 亮  ,  羽深, 久夫

本研究は,これまで研究の行われていない20 世紀初頭のラ・ショー=ド=フォンにおけるスイスのフランス語圏のアール・ヌーヴォーの作品を対象とし「ART NOUVEAU 2005~2006」の公式サイトから各作品の写真資料,作者名,制作年代,所蔵場所等に着目してモチーフについて検討を行ったものである.ラ・ショー=ド=フォンでは,2005年から2006 年にかけて博物館のコレクションや,壁画など市内のアール・ヌーヴォーの作品101 点を巡るイベントが行われ,それらは「応用美術」「階段装飾」等と11 の種類に分けられて紹介されている.また,写真資料から主に用いられているモチーフは,植物16種類,動物8種類に分類出来ることが明らかになった.
This study concerns previously unexamined early 20th century Art Nouveau pieces from La Chaux-de-Fonds,a city in the French-speaking region of Switzerland,with a focus on works of art publicly displayed during“Art Nouveau 2005-2006.”This event was held in La Chaux-de-Fonds in 2005 and 2006 and centered on 101 Art Nouveau pieces in the city,including museum collections and frescos, which were classified under 11 categories such as“applied art”and “staircase ornament.”After we identified information for each piece―photographic material, artist, period, location, etc.―we classified the motifs. It was clear from the photographic material that the motifs primarily used were 16 types of plants and 8 types of animals.

Number of accesses :  

Other information