紀要論文 患者の首尾一貫感を改善する介入方法に関する文献的考察

小田嶋, 裕輝  ,  河原田, まり子

内容記述
国内外における首尾一貫感を改善する介入に焦点を当てた文献を整理し,患者の首尾一貫感を改善する上で必要な介入の示唆を得ることを目的とした.2014年6月までに発表された文献を対象に,CINAHL,医学中央雑誌を用いて検索した.Patient, Sense of Coherence に,Intervention 又は Program の用語を含む海外文献を,また,患者,首尾一貫感に,介入又はプログラムの用語を含む日本語文献を検索した.目的に該当した文献として,国内文献3件と海外文献5件を本研究に活用した.いずれの研究においても,介入前後で首尾一貫感の得点は有意に改善したことを報告していた.患者対象の研究内容は,患者の抱える具体的な問題や,健康的な生活習慣の維持に必要なことなどに焦点を当てていた.患者以外を対象とした研究内容は,禁煙という具体的な問題に焦点を当てるものや,具体的な焦点は定めず,健康増進のためのプログラムとして実施するものがあった.これらの支援には,患者が疾患をコントロールしながら生活していけるように支えること,患者に対する治療の選択肢や体の状態に関する理論的な情報提供をすること,患者の思いを分かち合えるようにすることなど,首尾一貫感の下位概念に即した支援の性質が認められた.患者の首尾一貫感を改善するためには,首尾一貫感の下位概念に即して,疾患コントロールのための療養生活支援,治療や体の状態に対する情報提供,患者との思いを共有する支援が必要であることが示唆された.
This study aimed to compile articles on interventions intended to improve patients' sense of coherence, and, through the studies reviewed, to ascertain direction for future research on this topic. Japanese articles were retrieved through the Igaku-Chuuou-Zasshi website, while articles from all other countries were retrieved through CINAHL. All research results reported that participants' sense of coherence improved after intervention. In theresearch of the patient object, the focus was applied to concrete problems that patients had and to the maintenance of a healthy lifestyle. In other studies, the focus was on smoking cessation and health promotion. Support for patients to live while controlling their diseases, provision of information on treatment and lifestyle choices, and support that takes patients' desires into account are necessary to improve patients' sense of coherence. To improve patient's sense of coherence, we suggest supporting disease control, providing information of physical conditions and therapeutic regimen, and sharing patients' emotions.
本文を読む

https://scu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=132&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報