Departmental Bulletin Paper アメリカ抽象表現主義の受容と評価:アートマーケットにみる
アメリカ チュウショウ ヒョウゲン シュギ ノ ジュヨウ ト ヒョウカ:アートマーケット ニ ミル

立入, 正之  ,  タチイリ, マサユキ

Description
第2次世界大戦直後の、アメリカ美術は、2つの点で注目すべきである。第一に、世界の主要大国のひとつとなったアメリカで誕生し、発展した美術であること、第二に、伝統的なヨーロッパ美術とはまったく異なる、新しい前衛美術となったことである。その中でも特に、アメリカ抽象表現主義が美術批評との関わりにより、市場規模を拡大していった過程は重要である。本稿では美術市場を中心に、このアメリカ抽象表現主義に注目する。政治経済的、文化的な面を考慮しながら、この一派とその意義の再評価として、受容の経過を検証したい。
Full-Text

https://suac.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1463&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information