紀要論文 ノルマンディ・グリュシーにおけるJ.F.ミレー
ノルマンディ・グリュシー ニオケル J.F.ミレー

立入, 正之  ,  タチイリ, マサユキ

17pp.99 - 106 , 2017-03-31
NII書誌ID(NCID):AA11576760
内容記述
1870年、普仏戦争を避けて、J.F.ミレーは家族とともにバルビゾンを離れて生まれ故郷のグリュシーに一時疎開した。グリュシーは北フランス、ノルマンディ地方のシェルブールに程近いイギリス海峡に面した海沿いの土地である。海岸線が延々と続き、冬は気候の厳しい場所である。戦時下、ミレーは戸外に出て事由にスケッチをすることができなかった。外を歩いてスケッチなどをしているプロシアのスパイだとの疑いをかけられるからである。この時期に制作した数点の絵画にミレーのサインがないのは、誰が描いたかがわかると、家族や友人にまで迷惑がかかると考えたためだろう。これらは小品であるため、それほど険しい場所には見えない。しかし実際には、描かれた断崖の高さは最大100m近くもあり、ダイナミックな光景なのである。アルフレッド・サンスィエに宛てた手紙から、これらの作品は1870年9月から10月にかけて描かれたことがわかる。
本文を読む

https://suac.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1375&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報