紀要論文 老舗企業研究の変遷にかんする準備的研究:家訓、家憲を中心に
シニセ キギョウ ケンキュウ ノ ヘンセン ニ カンスル ジュンビテキ ケンキュウ:カクン、カケン オ チュウシン ニ

曽根, 秀一  ,  ソネ, ヒデカズ

17pp.39 - 46 , 2017-03-31
NII書誌ID(NCID):AA11576760
内容記述
本論文の目的は、商家、職家を中心とした家訓の起源や特徴について、歴史的な変遷も交えながら論じていくものである。その上で、先行研究も踏まえながら、老舗企業にかんする研究史の整理を行っていく。また、家訓や家憲の研究の影響を受け、老舗企業研究は、2つに大別できる。1つは、歴史研究アプローチであり、もう1つは定量研究アプローチである。とくに本論文では、歴史研究アプローチから老舗企業を論じている研究に着目した。存続要因を家訓中心に着目している点、また、老舗企業を取り上げる業界や地域に偏りがみられるもとで、企業の存続が議論されていることを指摘し、同時にその背後にある経緯や理由を指摘する。その上で、奈良最古の和菓子屋である本家菊屋の菊岡家(創業1585年)、わが国最古の宮大工の金剛家(創業578年)に残る家訓を調査し、内容を紹介するとともに、その特徴について分析した。
本文を読む

https://suac.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1370&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報