Departmental Bulletin Paper 産官学連携によるユニバーサルデザイン活性化の取組み : イベント「UDプラス in はままつ」開催とパーソナルモビリティ開発の展開
Universal Design promoting activity through industry-government-academia collaboration : Event "Universal Design plus" held and personal mobility development
サンカンガク レンケイ ニ ヨル ユニバーサル デザイン カッセイカ ノ トリクミ : イベント UDプラス in ハママツ カイサイ ト パーソナル モビリティ カイハツ ノ テンカイ

谷川, 憲司  ,  タニカワ, ケンジ  ,  Kenji, TANIKAWA

静岡県・浜松市・静岡文化芸術大学の共催で、プラス指向のユニバーサルデザインを基本コンセプトとするイベント「UDプラス inはままつ」を開催した。主なテーマは「パーソナルモビリティ」。超高齢社会で人々の移動を支えるツールであるパーソナルモビリティは、浜松地域の次期産業として期待されるが、日本ではまだ認知されていない。シンポジウムと展示体験会を通じて多くの市民にパーソナルモビリティを楽しく認知してもらうと同時に、ユニバーサルデザインの可能性を示すことができた。今後とも、産官学の連携によって取組みを展開し、ユニバーサルデザインを活用して地域産業の活性化を図りたいと考えている。
"Universal Design Plus in Hamamatsu" was held, in collaboration of Shizuoka Prefecture, Hamamatsu City, Shizuoka University of Art and Culture, on the theme of "Universal Design Plus" and "personal mobility". "Universal Design Plus" means the positive oriented universal design, in addition to the everyone's usability will add a new attractive value. "Personal mobility" is expected as a tool in an aging society and next item of regional industries. Through Symposium and Exhibition, many citizens got aware the need for personal mobility. In the future, it is expected that to achieve the activation of local industry by utilizing Universal Design.

Number of accesses :  

Other information