Departmental Bulletin Paper 価格競争下での垂直的構造選択とシュタッケルベルク均衡
Vertical Structure Selection and Stackelberg Equilibrium under Price
カカク キョウソウカ デノ スイチョクテキ コウゾウ センタク ト シュタッケルベルク キンコウ

鈴木, 浩孝  ,  スズキ, ヒロタカ  ,  Hirotaka, SUZUKI

Description
本稿では多段階取引の下での複占生産者による垂直的構造選択に関する分析を行う。分析の結果は以下の通りである。二部料金制に基づく垂直的取引を想定する場合、分離は弱支配戦略となる。均衡はこれら弱支配戦略の組による対称型に加え、別の組による非対称型も生じる。非対称均衡が生じる理由は、生産者による垂直的構造選択が、効果の上では水平的な価格競争における手番選択に等しいためである。それにより、小売価格決定が同時手番で行われるとしても、シュタッケルベルク均衡として非対称均衡が生じる。同じ理由により、線形料金制による垂直的取引を想定する場合にも、非対称均衡は生じる。ただしその場合、生産者は分離による競争緩和効果のすべてを得られるわけではないため、非対称均衡が生じる領域は財の同質性がある程度高い領域に限られる。
In this paper, the duopolistic manufacturer’s vertical structure selection under multistage transaction is examined. The result is as follows. If vertical transaction is done by two-part tariff, vertical separation is weakly dominant strategy. The equilibrium is the symmetric type of this strategy set, as well as the asymmetric type of other strategy set. The asymmetric equilibrium exists because manufacturer’s vertical structure selection has the same effect as move selection in price competition. Therefore, the asymmetric equilibrium appears as the Stackelberg equilibrium though retail price is decided simultaneously. For the same reason, asymmetric equilibrium appears if vertical transaction is done by linear pricing. However, it appears only when the product’s homogeneity is somewhat high, because manufacturer cannot have all the effect of relaxing competition by vertical separation.
Full-Text

https://suac.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1198&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information