紀要論文 逆向干渉の度合いと被調査者の社会的属性について : 調査の結果から
On the intensity of backward transfer and informants' social attributes : in view of the results from a questionnaire
ギャッコウ カンショウ ノ ドアイ ト ヒチョウサシャ ノ シャカイテキ ゾクセイ ニ ツイテ : チョウサ ノ ケッカ カラ

羅, 沢宇  ,  ラ, タクウ  ,  Zeyu, LUO

内容記述
 羅(2015a)では、目標言語(L2)が母語(L1)に与える干渉(backward transfer)を「逆向干渉」と和訳し、中国人の日本語習得者に見られる不自然な中国語の用例を中心に記述し、分析した。 本稿は、その延長線上のものとして、羅(2015a)では触れなかった「逆向干渉」の度合い(本稿では非文判断能力の強弱)と個々人の社会的属性(例えば、性別、年齢、日本語レベルなど)との関係を、筆者が中国人の日本語習得者を対象に行った非文判断のアンケート調査の結果に基づいて考察した。 結論として、例えば、1)女性は男性より干渉を受けやすい、2)日本語レベルが初級~中級の学習者が最も干渉を受けやすいといったことが判明した。
The author rudimentarily discussed a phenomenon called “backward transfer”-the effect of the second language on the first, by presenting some instances of unnatural Chinese written by Chinese learners of Japanese and analyzes what the unnaturalness is. (Luo 2015a) This paper presents a further discussion on this topic by analyzing the result of a questionnaire conducted by the author to survey the relationship between the intensity of backward transfer and social attributes such as gender, age, and Japanese proficiency. The conclusions of this paper are, for example, female are more easily affected then male; learners at intermediate level are most affected.
本文を読む

https://suac.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1197&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報