Departmental Bulletin Paper Improving Student TOEIC Scores via Purpose-Driven Instruction
モクテキ シュドウガタ シドウ ニ ヨル ガクセイ ノ TOEIC スコア コウジョウ オ メザシテ

ライアン, ジャック  ,  サリッチ, エドワード  ,  ライアン, ジャック  ,  サリッチ, エドワード  ,  Jack, RYAN  ,  Edward, SARICH

 世界市場で競争できる力を身に付けた卒業生を輩出するよう、日本の大学にはより一層のプレッシャーがかかっている。その方法の一つとして英語力を高めることが重視されており、大学は、学生が卒業後の就職先を見つけられるようにTOEICやその他の標準テストのスコアを向上させることが求められている。 本稿では、「TOEIC頻出語彙リスト」を使用した効果的なTOEIC対策としてSUACの教員が行った長期的指導の第一段階について報告する。現段階での結果は、統制群と実験群の間に有意差は見られなかった。しかしながら、本研究の最終的な目的は、TOEICスコアを効率的かつ効果的に引き上げる方法を確立することであり、長期的指導の第二段階においては、これまでの結果をふまえ方法を改善することによって実験群のスコアは向上するものと考えている。
Japanese universities are facing increasing pressure to produce graduates that will be able to compete in the global market. Many believe that one of the best ways to do this is by improving English, and universities that can help raise scores on TOEIC and other standardized English tests will better be able to help students find jobs after graduation. The research in this paper describes the first step in a long-term effort by Shizuoka University of Art and Culture English teachers to help students efficiently prepare for the TOEIC by studying from a TOEIC high-frequency vocabulary list. Preliminary results did not show a significant difference in scores between the control and experimental groups. However, it is believed that changes to the methodology in phase two of the research may help improve scores in the experimental group.

Number of accesses :  

Other information