Departmental Bulletin Paper ヴィエリチカ岩塩坑Vieliczka Salt Mine(ポーランドの世界遺産) : その産業遺産としての意義
Wieliczka Salt Mine (World Heritage in Poland) : its significance as industrial heritage
ヴィエリチカ ガンエンコウ Vieliczka Salt Mine ポーランド ノ セカイ イサン : ソノ サンギョウ イサン ト シテ ノ イギ

藤田, 憲一  ,  フジタ, ケンイチ  ,  Kenichi, Fujita

Description
1978年に、ポーランドのマウォポルスカ県に位置しているヴィエリチカ岩塩坑が、ユネスコから世界遺産の指定を受けた。これは世界遺産の最初の指定が行われた際に、他の11の遺産とともに選ばれたものである。私は共同研究者とともに、2013年にこのヴィエリチカ岩塩坑を訪れ、視察を行った。この論文では、特にヴィエリチカ岩塩坑のツアーコースに展示されている展示物の主要なものに焦点を当てて、その産業遺産としての意義を分析する。また、この鉱山の観光資源としての利活用について述べる。
In 1978 Wieliczka Historic Salt Mine was designated as a World Heritage Site by UNESCO. Among others it was the first designated site of World Heritage. In 2013 I visited Wieliczka Historic Salt Mine with my colleagues and observed this industrial heritage. This paper, focusing exhibits shown in the course of Wieliczka Salt Mine, describes the history of this Mine and explain its significance as indusutrial helitage, and then refers to the utilization of it as tourist resources.
Full-Text

https://suac.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1118&item_no=1&attribute_id=18&file_no=2

Number of accesses :  

Other information