Departmental Bulletin Paper ソール・ベロー作『ラヴェルスタイン』 : 1章1節(翻訳)
Saul Bellow's Ravelstein (1-1) : Translated from the English by Motoko Suzuki
ソール ベローサク ラヴェルスタイン : 1ショウ 1セツ ホンヤク

鈴木, 元子  ,  スズキ, モトコ  ,  Motoko, SUZUKI

『ラヴェルスタイン』(二〇〇〇年) は、ソール・ベローの最後の長編小説である。日本ではまだ邦訳が出ていないために翻訳をはじめ、近い将来、一冊の訳本として出版す予定である。本稿は洋書の一章一節、すなわち一ページから一六ページまでの翻訳である。ページ数は初版のハードカバーでも最近のペーパーバックでも同じである。この小説の主人公エイブ・ラヴェルスタインは、ソール・ベローのシカゴ大学の同僚で、親友のアラン・ブルーム( 一九三〇-一九九二年) がモデルといわれている。ブルームの著作『アメリカン・マインドの終焉--文化と教育の危機』は日本語に翻訳され、みすず書房から一九八八年に出版されて五万部売れたという。
Ravelstein is Saul Bellow's final novel. In Japan, unfortunately there is no translation for this book, which is part of the reason why I have started working. In thevery near future my translation of Ravelstein in Japanese will be published. This time, I'd like to present a partial interpretation from page 1 through 16 of the first edition of Bellow's. The protagonist, Abe Ravelstein, is based on Prof. Allan Bloom, Bellow's best friend and colleague at the University of Chicago, and author of The Closing of the American Mind. Bloom's Japanese version had sold 50,000 copies in Japan.

Number of accesses :  

Other information