Departmental Bulletin Paper 目標言語から母語への逆向転移の実例 : 日本語から中国語へ
Instances of TL to L1 Backward Transfer : from Japanese to Chinese
モクヒョウ ゲンゴ カラ ボゴ エノ ギャッコウ テンイ ノ ジツレイ : ニホンゴ カラ チュウゴクゴ エ

羅, 沢宇  ,  ラ, タクウ  ,  Zeyu, LUO

Description
外国語学習者の母語使用に、学習する目標言語の痕跡がよく観察される。しかも、不特定多数の人と会話する場面や改まった場面、文章や書物からも容易に観察されるなど、単なるコードスイッチングや借用では解釈しきれない側面があり、最近目標言語から母語への干渉(backwardtransfer)という視点が提案されてきた(例えばCook2003など)。 ただし、この分野の研究はまだ浅く、日中両国においても蓄積がほとんどない上に、特定の訳語すら定着していない。本稿は、まずその干渉の現象を「逆向転移」と命名し、2011年から収集した目標言語(本稿では日本語)が母語(中国語)に与える影響の用例の一部を提示し、具体的にどこに目標言語の影響があるのかを分析する。一部の用例には、自然であると判断される度合いなど、筆者が行うもう一つの調査の結果を併せて提示することによって、体系的な研究がまだない中国人日本語学習者に見られる「逆向転移」現象の初歩的な解明を試みる。
We can find traces of target language from the use of the first language of foreign language learners. Even in formal situations, or in conversations before the general public, or in articles or books, can we easily find this phenomenon. Nowadays, some researchers suggest it is a sort of transfer, called "backward transfer" (ref. Cook2003). The study of this field is still in its early stage, so we can hardly find preceding studies in Japan or China. There is even no established Japanese or Chinese equivalent for "backward transfer." Thus this paper attempts to rudimentarily elucidate the Japanese to Chinese backward transfer, which has still not been systematically studied. In this paper, the author names it as "gyakkoukansyou" in Japanese, presents instances of target language (Japanese in this paper) to first language (Chinese) transfer and analyzes what the unnaturalness is. Some results of another survey conducted by the author, such as the ratio of naturalness of some of the instances, are also presented.
Full-Text

https://suac.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1112&item_no=1&attribute_id=18&file_no=2

Number of accesses :  

Other information