Departmental Bulletin Paper Ethnocentric Learning and the ESL Classroom
自文化中心主義とESL の教育
ジブンカ チュウシン シュギ ト ESL ノ キョウイク

マーティン, スティーヴン  ,  マーティン, スティーヴン  ,  Steven J. , MARTIN

Description
伝統的に、言語学習は常に本当のコミュニケーションが始まる前に、まずは文法を学ばなければいけないという考えに根ざしてきました。この古い考え方は一般的には「コミュニケーション能力」という呼ばれ方にすり換えられ、言語習得への適切な手段として受け入れられてきましたが、それは曖昧で漠然とし誤解されています。 本論文は、学生がすでに知っている事柄でコミュニケーションすることが許さる学習過程を考察するための哲学基盤として、自文化中心主義な原理を使った学習過程に関する記録です。もし私たちが私たちにとって興味のあることや影響のあることだけを保持するということが正しければ、自文化中心主義の視点からコミュニケーションするということは、学生が目的言語を到達するための強力な基盤を与えることとして理にかなっていると言えます。
Traditionally, language learning has always been rooted in the idea that grammar must first be attained before true communication begins. This archaic idea has since been supplanted with what is popularly called, "communication skills." While this has been accepted as the proper means to Language Acquisition, it is vague and misunderstood. This paper is a record of a class that used ethnocentric principles as a philosophical base to devise a course which allowed students to communicate from what they already know. If it is true that we only retain what interests or affects us, then it stands to reason that communicating from an ethnocentric point of view gives students a strong base from which to attain target language.
Full-Text

https://suac.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1111&item_no=1&attribute_id=18&file_no=2

Number of accesses :  

Other information