Departmental Bulletin Paper 「両義的遺産」としての共産主義遺産 : チェコ・ポーランドにおけるスターリン様式建築を中心に
An Essay on the Communist Heritage as an "Ambivalent Heritage" : With a Special Reference to Stalinist-style Architectures in Czech and Poland
リョウギテキ イサン ト シテ ノ キョウサン シュギ イサン : チェコ ポーランド ニ オケル スターリン ヨウシキ ケンチク オ チュウシン ニ

四方田, 雅史  ,  ヨモダ, マサフミ  ,  Masafumi, YOMODA

Description
「共産主義遺産」は中東欧において社会主義時代が残した文化財のことであるが、同時代には独裁やソ連の支配といった否定的なイメージ・感情がつきまとってきた。そのため、その「遺産」は、負の遺産か、そこまでいかなくとも論争的な遺産、両義的な遺産とみなされ、その保全・観光資源化について議論の対象となってきた。本論文では、それが伴うさまざまな課題とともに、それらが遺産化・観光資源化されている現状の背景について探る。具体的には、特にスターリン体制と不即不離にあるスターリン様式の集合住宅地区ポルバ(チェコ)などを主な例として、外国人観光客にとって異質な体験が可能な場としての視点があり、現地国民から見ると独裁時代の遺産と否定的に感じる一方で、土着文化を援用した装飾など、伝統との連続性に遺産の意義を見出す視点が登場していることを論じる。
The "communist heritages" are defined as relics in Eastern Europe from the socialist period which are regarded to be preserved. But the period has been generally considered by Czech and Polish as that of dictatorship and Soviet compulsory rule, giving rise to their negative, or at least ambivalent, feelings. Therefore, whether communist heritages should be preserved or not remains ontroversial. This paper takes mainly Poruba which lies in the suburbs of Ostrava, Czech, as an example, and shows that foreign tourists have come to regard it as a tourist attraction, because it is a town of Staliniststyle mass housing where they can have experiences different from those in their native countries. In addition, the fact that socialist realism partially adopted indigenous culture has helped Czech look upon Poruba as a national heritage to be preserved.
Full-Text

https://suac.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1107&item_no=1&attribute_id=18&file_no=2

Number of accesses :  

Other information