紀要論文 チャネル間における価格-価格競争のもとでのテリトリー制
Exclusive Territories under Price-Price Competition between Channels
チャネルカン ニ オケル カカク カカク キョウソ ノ モト デノ テリトリーセイ

鈴木, 浩孝  ,  成生, 達彦  ,  スズキ, ヒロタカ  ,  ナリウ, タツヒコ  ,  Hirotaka, SUZUKI  ,  Tatsuhiko, NARIU

内容記述
本稿では,生産者間および小売業者間のいずれの段階においても価格競争が行われる状況において,生産者がテリトリー制を導入するか否かを検討する。生産者が小売業者からフランチャイズ料を徴収する場合には,テリトリー制の導入は支配戦略となるが,フランチャイズ料を徴収しない場合には,財が十分に同質的ならばテリトリー制の導入が支配戦略となるが,ある程度差別化されていればテリトリー制を導入しないことが支配戦略となる。さらに,フランチャイズ料を徴収するか否かを選択できるのであれば,フランチャイズ料を徴収してテリトリー制を導入することが支配戦略となる。これらの結果は,垂直的統合・分離とシュタッケルベルク競争の効果によるものである。
Suppose that a duopolistic manufacturer sells its products to two markets through its affiliated retailers. Also suppose that the manufacturers compete in price and the retailers do so in each stage. Then, if the manufacturers extract franchise fee from their retailers, the choice of exclusive territory is a dominant strategy. But if they do not, the choice is a dominant strategy only when the degree of product substitution is sufficiently high,whereas not to choose is a dominant strategy when their products are differentiated to some extent. Further, if they can choose to extract franchise fee or not, extracting it and choosing exclusive territory is a dominant strategy. These results are caused by the vertical ntegration/separation effect and the Stackelberg competition.
本文を読む

https://suac.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1106&item_no=1&attribute_id=18&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報