Departmental Bulletin Paper 初期分税制期間における中国の公共投資の地域間配分 : 1994~2000『基本建設投資』を通しての考察
The allocation of Public Investment in China under the tax sharing system : Based on the date "Capital Construction Investment" 1994-2000
ショキ ブンゼイセイ キカン ニ オケル チュウゴク ノ コウキョウ トウシ ノ チイキカン ハイブン : 1994 カラ 2000 キホン ケンセツ トウシ オ トオシテノ コウサツ

兪, 嶸  ,  ユ, エイ  ,  Rong, Yu

1990年代から拡大し続けた中国の地域間経済格差は、公共投資の地域間配分の格差がもっとも重要な原因の一つとされている。本論は公共投資格差の背景である財政構造の問題に着目し、1994 年から2000年までの初期分税制期間において、公共投資格差の原因をその資金源の構成から解明する。公共投資の代理変数として、「基本建設投資」のデータを用いる。タイル指数で「基本建設投資」の省間不平等度をその構成要素である四つの資金源の不平等度に分解した結果、中央財政に最も依存する「国家予算内資金」の寄与度が最も小さく、一方、地方財政に最も依存する「自己調達資金およびその他」の寄与度が最も大きいことが分かった。結論として、税返還との併用で発足した分税制は、1994年から2000 年までの間においては、中央政府の財政力は見かけほど上昇しておらず、公共投資に十分な資金を捻出できていない。公共投資は地方財政に大きく依存し、地域間財政力の格差は公共投資の格差をもたらしたと言える。
The allocation of Public Investment is one of the main reasons of China's regional income disparity between the coastal and western inland belts, specially after the 1990s. This paper analyses the relationship between the public investment and the tax sharing system, for the years 1994-2000. "Capital Construction Investment" by the government is used here as the proxy for public investment. By resolving interprovincial inequality into its component elements, the four financing sources, State Appropriations, Domestic Loans , Foreign Investment, Fund- Raising and others , It was found that (1)"State Appropriation", which is mostly from the central government, contributes the least to the inequality. (2)"Fund- Raising and others", which is mostly from the local government, contributes the most to the inequality. Interprovincial inequality on Public Investment has not been corrected by the central government under the tax sharing system during the period 1994-2000.

Number of accesses :  

Other information